ナチュラル・ハイジーンの歴史 - 「自然と健康の食べ物」に関する哲学
ナチュラル・ハイジーンの歴史 - 「自然と健康の食べ物」に関する哲学

ナチュラル・ハイジーンは、その歴史を古代ギリシャにさかのぼることができます。キリスト誕生の約400年前、当時の指導者であったヒポクラテスは、「あなたが食べるものはあなたにとっての薬である」とナチュラル・ハイジーンの哲学を簡潔に述べています。

アメリカ合衆国におけるナチュラル・ハイジーンの歴史は、「アメリカ生理学会」と呼ばれる組織が設立された1830年に始まります。1838年、同会はボストンに図書館と食料品店を設立、おそらくこれが、アメリカ最初のヘルスフード・ストア(健康自然食品の店)でしょう。
1850年頃、4人の医学博士、シルベスター・グラハム、ウィリアム・オールコット、メリー・ゴーヴ、アイザック・ジェニングスが最初のナチュラル・ハイジーン活動を始め、時を置かず、多くの仲間の医師がこのグループに加わりました。伝統的な西洋医学にもっと自然な取組み方を加えることを望んだのです。
1862年には、ラッセル・トゥロール博士が「全国ハイジーン教会」を設立。トゥロール博士は1872年に『ハイジニック・システム(Hygienic System)』を出版し、人々から大歓迎を受けました。以来今日まで、ナチュラル・ハイジーンに関する多くの書物が出版され、そのすべてが、最高レベルの健康を手に入れ維持していくうえで、毎日の食事がいかに重要であるかを説いています。

20世紀に入ると、その深い見識で尊敬されたハーバート・M・シェルトン博士が登場します。
博士は1928年から81年までテキサス州サンアントニオで、クリニック、研究所、教育プログラムを含む「ヘルス・スクール」を運営していました。彼は新しい研究結果や考え方からなる膨大な量の論文を著し、ナチュラル・ハイジーン学者として、その哲学、原則、実践に関する最高の権威とされています。ナチュラル・ハイジーンという学問に、誰よりも多くの重要な文献を加え、1985年に90歳で亡くなった博士は、次のような有名な言葉を残しています。

「自然の法則、宇宙の真理、科学の原則は、健康との関係において、ほかのすべてのものとの関係と同様に、まさに一定的で、不動、不変のものである。ナチュラル・ハイジーンとは、人間の生命や健康維持のための研究であり、健康が損なわれたとき、その回復手段への応用を研究しようとする生物学の一分野といえる」