病気の治し方あれこれ
病気の治し方あれこれ

 病気の治し方あれこれ

 病気の治し方はひとつではない。西洋医学(予防医学ではなく治療医学)の他に以下の5つがあります。

 ナチュロバシー ナチュラル・ハイジーンのような自然療法
 ホメオパシー 自然療法
 オステオパシー 整骨療法
 サイコセラピー 心理療法
 アロパシー 逆症療法 対処療法

 1870年代、アロパシーの医師たちが「病気は外から侵入してくるバクタリアに寄って引き起こされ、これは薬で撃退できる」とするパスツールの「病気細菌説」を支持するようになりました。細菌説では、自分の行動を問われることもなく、自分の病気や苦痛を招いた背筋も問題にされず、微生物を原因としたこの療法を大歓迎し、症状だけは薬ですぐに消すことができることに気づいたのです。
 20世紀に入ると、ハーバート・シュルトン博士が 「たとえ天が落ちてこようとも、真実を貫き通そう」という信念を持って、米国サンアントニオにヘルススクールを創設、ナチュラル・ハイジーンの季刊誌や多数に著書の出版を通じて、つぎのようなことを繰り返し教え続けました。
 「健康は重力の法則と同様に変えることのできない生命の法則に従った結果であり、病気はその同じ法則に違反した結果であるということを、人々は教えられるべきである。健康は生命の法則に従うことによって取り戻すことができる。この法則をやぶりつづけながら、健康を回復できると考えることは、これらの法則には効力がなく、何時でも無効にできるものだと考えるに等しいことだ。生命を司っている法則を犯すと、私たちは、必ず高い代償を払わねばならなくなるだろう」